ドイツ・リューデスハイムより ドイツワイン専門店 

モーゼル産 ★★★
882B アウスレーゼ 白・中辛口 882B

5,160円(税込)

定価 6,080円(税込)

2018年モーゼル産
Trittenheimer Apotheke Auslese feinherb GC
Weingut Franz-Josef Eifel− フランツ・ヨゼフ アイフェル醸造所
リースリング種 750ml アルコール度数11%【ビオワイン】



ワイン格付け誌『ゴー・ミヨー』でも飛ぶ鳥を落とす勢いの高評価を受けるワイナリー。
こちらのワインには、モーゼル産地でよく出会う特徴的な香り、“ぺトロール香”(★)がはっきりと表れているため、モーゼル山地を知るうえで素晴らしい味覚での体験となるはずです。アイフェル醸造所のブドウ畑は見事なまでに、風通しが良く日光にもあたるように美しく整えられています。それゆえ、ブドウの樹1本1本が元気で活力があり、活き活きしています。

このワインを一言で表すならば、「透明感」。そして、リースリングの味わいがしっかりと、存分に楽しめます。ワインはまるで、岩の間からミネラルを含んだ透明感のある水が湧き出ているようにクリア。もっともっと口に運びたくなり、飲めば飲むほど、飲むごとに旨みが増しブドウのみなぎる力を感じることができます。

アウスレーゼ(健康な熟した房だけを選りすぐり造られる)ならではの凝縮感、かと言って重くないのが不思議。とろみのある液体に、わずかにモーゼルらしいペトロール香が感じられます。蜜の部分が多い青リンゴの甘みと旨みがじわっと口の中に広がり、フレッシュでまろやかな酸味がさわやかで、ほんのり甘くそして程よく辛いので、中辛口として「ちょうど良い」塩梅です。春から初夏にかけて飲みたいと思わせるようなさわやかさがあり、かつ冬に飲みたいほどのコクもある、全体を通してバランスが良く、まろやかでしっかりとした存在感。“情熱”と書かれたこのワインに注がれる心意気がしっかりと伝わってくる1本。じっくりとドイツ中辛口の実力を楽しんで下さい!

〜ちょっと一言〜
今でも美味しいですが、とてもしっかりした良いワインなので、2〜3年程置いて召し上がって頂くのもオススメです!

◎お薦めレシピ◎
青梅の昆布漬け、アスパラのバターソテー

※お届けのワインは2018年産となります。

★ぺトロール香…重油を思わせるような、焙煎したような独特の香ばしい香り。

おすすめ商品