カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

プロストワインハンデル

生産者からのワインをもっと多くの日本のドイツワイン愛好家の方へ直接、安価にお届けすることを目的としたオン・ライン・ショップです。

店長日記はこちら

Feed

ザーレ・ウンシュトルート産
788 シュペートレーゼ(Spatlese)白・中辛口

2015年 ザーレ・ウンシュトルート産
Tultewitzer Bünauer Berg Kernling Spätlese feinherb
Weingut Zahn − ツァーン醸造所
ケルンリング種 750ml アルコール度数12%
※味のカテゴリー


プロスト史上初登場の品種です!東ドイツの個性的な味わいがクセになるかも?!

ザーレ・ウンシュトルート産地は、ライプツィヒとエアフルトの間に位置し、ザーレ川とウンシュトルート川を中心に発展したワイン産地です。気温は年間を通してそこまで大きな変化はないものの、日照時間が年間平均1000時間と比較的長く、そのため健康なブドウがたくさん育ち、風味豊かで趣き深い味わいのワインが多く生産されます。特に、当醸造所が持つ畑は、年間平均日照時間が1700時間と長く、より産地特有の気候の恩恵を受けていると言えます。また、彼らの持つ畑の土壌には様々なバリエーションがあり、その土壌の層の厚さが他にはないエレガントで複雑な味わいをワインに与えています。

当醸造責任者のアンドレ・ツァーンさん曰く、「ワイン造りに置いては、畑は前面(主役)・技術は背面(裏方)という哲学を大切にしています。最新の技術はもちろん取り入れるに越したことはありません。しかし、自然の大地の恵みもあってこそのワイン造りであるという事をおろそかにしては、品質の高いものを作ることはできないと考えています。」

ケルンリングと発音するこの品種。ケルナー種が突然変異し、リースリング種の特徴が枝分かれして発現した大変珍しい品種です。特徴は、味も品種としてもケルナーとリースリングの良いとこどり!ケルナーのもつ繁殖力と、リースリングの持つ霜耐性が交わることでいかなる土地でもよく成長するという強い品種です。
味わいはケルナーの持つエキゾチックな南国果実の風味と、リースリングの持つ青リンゴの蜜にも似た果実の旨みとがよくマッチし、甘めの心地良い口当たり。グレープフルーツのような甘苦い酸味が丁度良いアクセントとなり、シュペートレーゼらしい飲みごたえも◎。ケルナーの微かな苦味とリースリングの爽やかな酸が後味のサッパリ感を演出しています。二つの異なる品種が織りなす繊細なバランス感は、他に類を見ない貴重な味覚をお楽しみ頂けます。
適温は8〜10℃が最適です。

◎お薦めレシピ◎
夏野菜のトマト炒めカレー風味

ピックアップ商品