カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

プロストワインハンデル

生産者からのワインをもっと多くの日本のドイツワイン愛好家の方へ直接、安価にお届けすることを目的としたオン・ライン・ショップです。

店長日記はこちら

Feed

フランケン産
732 エアステ・ラーゲ(Erste Lage)白・辛口BB

一級畑から生まれるこだわりの辛口ワイン
2012年 フランケン産 Escherndorfer Lump Erste Lage
Michael Frohlich − ミヒャエル・フレーリッヒ醸造所(VDP加盟)
ジルヴァーナー種 750ml アルコール度数 13.5%


〜 一級畑ルンプ 〜
当ワインが生まれたのは、一級畑ルンプ。フランケン地方にある特殊な形状の畑で、山の尾根に沿って盆地になっており、厳しい北風や東風からブドウを守ってくれる。特筆すべきは太陽光の照射時間の長さ。尾根に沿った盆地は太陽の光をまんべんなく吸収し、暖かさを逃さない。石灰岩を含んだ土壌、斜面、そして豊富な太陽光。そのすべてが絡み合って織りなす、唯一無二の絶妙なバランスは、この畑特有の味わいをワインに伝える。この古き畑を人はこう呼ぶ。“冷めない太陽が生み出す、赤々と燃え盛るような盆地。”それが、Lump。

〜 味わい 〜
洋ナシやパインを思わせる芳香がグラスの奥底にいっぱいにたまり、空気を含ませると、ふわ〜っとエレガントに香ります。骨格のしっかりした味わい、力強さを漂わせています。
口に含んだ瞬間に、ギュッと凝縮した果実感が広がり、純粋なブドウの味わいの力強さにしびれます。キリッとした旨味、繊細で絶妙なビター感が口の中で一体となり、クリーミーな味わいを楽しめます。土壌の特長がしっかりと表現されたミネラル感をたずさえ、まろやかな力強さを持った辛口。
まだまだ熟成の余地がある、ポテンシャルの高いワインです。

〜 当ワイナリーご当主、ミヒャエルさんから 〜
ルンプの畑は繊細な味わいのバランスが大事。クリアな味を出すために木樽は使わず、ステンレスタンクで発酵させ、丁寧な品質管理がクリーミーな味わいを生み出します。「レゼルベ」という言葉はドイツでは様々な解釈がありますが、こちらのワインにおいては、タンクの中で最低でも2年間熟成を必要とする、ということを意味しています。
アスパラの炒めものや、白身魚のバターソテーと相性がいいですよ!

写真4:スタッフ笹治とパチリ☆ワインについて、アツく語っていただきました☆

ピックアップ商品